個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2015-07-22 (Wed)
「刀剣乱舞」開発・運営より悲報が…

22日のメンテ終わったら、「和泉守兼定、大倶利伽羅、同田貫正国の三振りがレアリティ3の打刀となります。刀種は太刀から変更となりますが、これまでと変わりないステータスを保持しながら、夜戦・屋内戦でもその強さを発揮する刀剣男士となります。」って(泣)

幸い大倶利伽羅はメンテ開始寸前特化完了したので、もう悔いはないや!!
これから脇差と組み合わせて精一杯頑張らせてもらうわ(/≧∇≦)/にゃー!


ついでに、記念として保存した画像を…。゚(゚´Д`゚)゚。

和泉守兼定_最後の太刀

大倶利伽羅_最後の太刀

特化された大倶利伽羅

スポンサーサイト
* Category : 情報與報告
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-03-31 (Tue)
“我不做的話,還有誰來做?”
“大家來做啊。”
“我就是茫茫天地間一無所有的獨狼一匹。你還想把我僅剩的工作都搶走嗎?”
“誰是獨狼啊。你是ST的隊長好不好。遺物我們會處理的,請你快去調查被害人吧。”
“被害人嗎……”
赤城瞇細了眼鏡:“我可不擅長應付。”
“說什麼呢,你不是法醫學擔當嘛。還是說你不敢碰尸體?”
“碰不了的不是尸體,是女人。我討厭女人。”
老鑒證員愕然,他搖了搖頭,隨即走回了自己的工作崗位。
在一旁圍觀了全過程的菊川,訝異地看向百合根道:
“這鬧得是哪一出……”
“他這是因為能出現場在開心呢。”
“開心……?我看不是這個問題吧。一匹獨狼到底是怎麼回事?”
“這個……是說自己責任感很強吧。”
菊川一臉不同意地看著他。百合根只好投降。
“赤城他有著自己獨特的人生觀。他堅信能獨當一面的男人必然會是獨狼。當然他也是這麼做的,只不過……”
“只不過?”
“他太有人望了,不斷有人在他身邊聚集。正如那位鑒證員所說的那樣,ST的隊長非他莫屬。而他,則一直在為理想與現實的落差而煩惱。”
“真是個怪人。”
“而且他極端厭惡女人。幾乎能說是女性恐懼症了。”
菊川還在思考著要如何回應,一個高大的男人就在他開口前走到了兩人身邊。
“來啦,黑崎。”
百合根開口道:“菊川,他是第一化學擔當的黑崎勇治。”
“第一化學?”
“他可是有毒物質方面的專家哦。”
菊川再次掛上了驚訝的表情看著黑崎。也不怪他,百合根想。黑崎將長髮束在腦後,看起來就和聖經裡的參孫似的。然而,卻會在不經意間流露出幾分山賊的氣息。看起來半點都不像個警視廳出來的人。
* Category : 譯文放置場
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-03-14 (Sat)
中野署和警視廳的搜查員們已經到場,開始針對周邊居民進行詢問了。
百合根友久就站在離開現場大門稍有點距離的地方,眺望眼前的光景。看起來大家都很明確自己該做的工作。
“你在這裡啊!可沒見你在查案嘛,警部大人。”
百合根友久朝著聲音的來源轉過頭去。男人帶著一臉譏諷的笑容就站在那裡。他是警視廳搜查一課的菊川吾郎係長。是個四十五歲的警部補。那銳利的眼神,被太陽曬得赤黑的臉龐,敦實的身材再配上個大腦袋,在在都展現了作為一個老刑警所應有的風采。
“可是……”
百合根友久警部不安地說道:“就算我進了現場,也只是在礙事而已。”
“你自豪的ST還沒到嗎?”
“自豪?我可從沒這麼想過……”
“我問的是科特班還沒到嗎。你喊過他們了吧?”
“已經來了,在看現場了。”
“是嗎……。那人呢?”
百合根警部走到門口,伸頭往裡看去。
“你看,站在那邊的那個叫赤城左門,是法醫擔當。”
菊川警部補瞪了一眼百合根警部,沿著他手指的方向看去。然後,他皺起了眉頭。
赤城左門就靠在墻上,銳利的眼神直射那些忙碌的鑒證員們。輪廓深邃的臉龐,頭髮隨意地往上攏著,只留下幾縷緊緊貼在額頭上。臉頰上的點點胡茬,並未讓人覺得骯髒,反而令他充滿了男人味。
“那邊那個!”
赤城指著其中一個鑒證員說道。
“別碰它!它是我的獵物。”
年輕的鑒證員嚇了一跳,抬起了頭。
“什麼叫你的獵物……。位置上貼上了標記,照片也已經拍好了啊。”
“你別管了,就放那兒。還有那邊那個!你也是。”
面對著正要將散落在屋裡的雜物裝入塑料袋的見證員們,赤城一一阻止。
“請你適可而止吧,赤城。”
一位老鑒證員開口了:“你這不是在妨礙工作嘛。”
“這是我的工作。”
“這可是大家的工作啊。”
* Category : 譯文放置場
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-03-09 (Mon)
晚上吃完飯沒事做,閒逛去星巴克。
進店按慣例都會去看展示櫃有沒有新杯子。
結果居然有誒!!!



簡直太美!!!
一目惚れでした(≧∇≦)
於是果斷就讓店員小哥幫忙包起來,結賬抱回家了ww



是說明天就可以用新杯子泡咖啡美美地享受了(●ↀωↀ●)✧
* Category : 日常碎碎念
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-02-25 (Wed)
ちょっと古い歌ですが、とても好きな一曲なので歌ってみましたw

http://5sing.kugou.com/fc/11434834.html

歌詞はこちらです →

君をのせて
作詞:宮崎駿/作曲:久石譲/編曲:久石譲
歌:井上あずみ

あの地平線 輝くのは
どこかに君をかくしているから
たくさんの灯がなつかしいのは
あのどれかひとつに 君がいるから
さあ でかけよう ひときれのパン
ナイフ ランプ かばんにつめこんで
父さんが残した 熱い想い
母さんがくれた あのまなざし
地球はまわる 君をかくして
輝く瞳 きらめく灯
地球はまわる 君をのせて
いつかきっと出会う ぼくらをのせて

父さんが残した 熱い想い
母さんがくれた あのまなざし
地球はまわる 君をかくして
輝く瞳 きらめく灯
地球はまわる 君をのせて
いつかきっと出会う ぼくらをのせて

Return

* Category : 歌ってみた
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-02-24 (Tue)
母親大人一大早就拋棄我出去玩,也不說回不回家吃晚飯,害我等到8點多還餓著肚子|( ̄3 ̄)|
想說應該是不會回來吃晚飯了吧,但是又覺得不和我說一聲太可恨,思來想去決定逆襲!
——把我昨天為她從星巴克特意買來的草莓鮮奶蛋糕拆開吃好了ww

然後,當我打開包裝盒卻發現……



這樣子絕對是親媽了!!

求對我好一點啦親媽(T▽T)
* Category : 日常碎碎念
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-11-30 (Sun)
今朝も夢を見た。

それは小学生の頃、父親がまだ生きてる時のことだ。
幼い私はやんちゃで、しょっちゅう足ひねたり血でたり、毎日事故ばかり会うけど、大した怪我じゃないから周りの人もあんまり心配してくれなかった。
しかし今回ばかりは平気になれなかった。
私は骨折した。
自転車の後輪に挟まれ、まだ小さくて脆い私の右足の骨が無声に折れた。
痛くはないが、ただ痺れる感じが足から全身に這い上がり、その感触今も鮮明に憶えている。
確かに痛くないから涙も零れなかった。
すると不思議に、普段はいつも仏頂面の父親の表情が、初めて崩れたとこを見れた。
汗まみれの額、心配してるためきっちり寄せた眉、絶対に責めたいがけが人には責めるセリフなど一切出れないというわかりやすい眼差し。
やや滑稽な表情だけど、確かに娘の怪我を心配してる父親の顔だ。
笑いたかった。だってあの顔本当に可笑しくてたまらなかった。
だけど涙で視界がぼんやりになった。
結局、私はただひたすら「ごめんなさい」しか言えなかった。

病院に行って検査の結果、幸い骨に皸があるだけで、完全に折れてはいなかった。
全治は三ヶ月で後遺症ももちろんなし。
父親の表情はそれを聞いたとたん、また普段の仏頂面に戻った。
けど、あの希に見れない崩れた表情が既に私の記憶の中に刻まれて、生涯忘れなく、今日の夢のように何度も何度も繰り返して見れるのだろう。
* Category : 日常碎碎念
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-09-22 (Mon)
1
騷亂發生在九月十八日、週四的清晨。公寓的某一室內,幾個男人或是慌亂地進出,或是交談著什麼,聽起來像是中文。
住在隔壁的鄰居報了警。趕到現場的兩名警察發現4個男人正準備逃離,卻無意追捕。那一瞬,他們被室內的慘狀驚呆了。
巡查部長隨即拿起掛在肩上用於署外行動的對講機報告了案情。巡查卻依然茫然失措地凝視著室內。
房間裡雜物散落。書架東倒西歪,雜誌七零八落。床上亂成一團,玻璃製桌面的小桌子也翻了個個兒。用來裝小物件的彩色盒子更是四散在一旁。
尸體,就躺在那亂糟糟的床上。
那是一具年輕女性的尸體。服飾凌亂,幾乎都被剝了下來,乳房和下半身都裸露了出來。
尸體上滿是鮮血。血色把雪白的肌膚都染至斑駁,浸透了床單。
她的雙眼因驚愕與恐懼而圓睜,嘴巴大張,甚至可見裡面脹大的舌頭。
“怎麼了?在發什麼呆呢?”
巡查部長衝著巡查問道。然而年輕的巡查,卻絲毫無法將視線從尸體上挪開。
“我還是第一次看到殺人現場。”
“誰都有第一次的。等等,不要進房間,也不要碰那扇門。你就站在這裡,看到有來看熱鬧的就把他們都趕走。我去找報案人。”
“是。”
“給我好好幹哦。”

房間裡時不時閃過照相機的閃光燈。戴著帽子身著制服的鑒證員們有的拿著小刷子清掃鋁粉嘗試採集指紋樣本。而機動調查隊員則在和鑒證的人們說這些什麼。
* Category : 譯文放置場
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-09-21 (Sun)
為了應對多樣化的現代犯罪,警視廳新成立了科學特搜班,簡稱ST。對於發生的多起獵奇案件,調查組判定為典型的淫樂型殺人,獨獨ST中青山卻持有不同意見。通過側寫所浮出的犯人肖像出現了矛盾點,被逼至絕境的犯罪者又採取了何種行動。描繪最強團隊的警察小說系列第1部,新裝版上市。
* Category : 譯文放置場
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-10-08 (Tue)
是說正逢颱風,外面幾乎變成了水世界……
公司下午沒事情,就磨磨蹭蹭寫了半首替歌w
原曲是中島美嘉的「僕が死のうと思ったのは」

以下是亂寫的歌詞ww

僕が死のうと思ったのは 車が大通りで鳴いたから
波の隨に浮かんでいるよ 僕も大雨で濡れていく

僕が死のうと思ったのは 商店街で傘の花が咲いたから
その傘骨で刺されていたら きっと速報ニュースになれるかな

ハンカチ 向こうの信号 開いた弁当箱 捨てた缶詰
帰宅の地下鉄の階段降りで どこにも行けないの情報
外ははまるで水に覆われた 家に帰るなら傘を持たなきゃ
わかってる わかってる けれど

僕が死のうと思ったのは 手元が空っぽになったから
傘差さないと泣いているのは きっと誰かに取られたと思うから

後面半段……還是不寫了吧orz
* Category : 日語腦補室
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。